MENU

交通事故治療

景山整骨院 > 交通事故治療

交通事故は「相手との人間関係」「賠償問題」、また症状が長引き精神的に不安定になったり落ち込んだりすることもあります。
事故の数ヵ月後に徐々に症状が悪くなったり、不調が数ヵ月続いたりすることが交通事故ではよくありますので、ご注意下さい。
痛みや不安がある方、まずは電話で構いませんので、ひとりで悩まず当院にご相談下さい。

交通事故による施術の流れ

01

カウンセリング&施術方法の説明

景山整骨院では、交通事故後遺症による症状や経過をお聞きし、一人ひとりにあった施術法を組み立てます。
交通事故後遺症の施術方法についてご不明の点がないよう丁寧に説明致します。

02

施術前にしていただくこと

景山整骨院では、交通事故後遺症の治療を実際にお受けになる場合は患者さまご本人が該当する保険会社に直接ご連絡をとっていただき、整骨施術を受けたい旨を申し出ていただきます。

03

施術開始

施術の内容や期間などの面倒な事務手続きや条件については、景山整骨院が直接保険会社とお話させていただきますのでご安心ください。

交通事故でよくある症状

むち打ち症

むちうちとは、交通事故の際に衝撃で頭部が激しく揺さぶられ、頚部などに障害が発生することをいいます。
日数が経ってから痛みが出てくる場合もありますので、早急な治療が必要となります。

【むちうちの主な自覚症状】
頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り・首や腰の痛み・ハリ・コリ・手足の神経痛・手足のふるえ・脱力感・食欲不振など

外傷

捻挫・打撲・脱臼・骨折などを伴い、手足の運動障害や感覚障害が出て「関節を動かすと痛い」「しびれる」「重だるい」等の自覚症状があります。

【外傷の主な自覚症状】
筋肉の損傷・炎症、神経の圧迫・損傷、椎間板の損傷、脊髄の損傷、捻挫・打撲・挫傷、靭帯の損傷、骨の損傷、骨折・脱臼、血管の損傷、捻挫など

よくあるご質問

ご予約・お問い合わせはお気軽に!

© 株式会社HHP. All Rights Reserved. mag-n.jp